30歳過ぎても独身の女性

DY088_L

意識的に選んだわけではないが、結果的に三十歳すぎても独身で働き続けているという女性は、いつの時代にもたくさんいた。
素晴らしいやり甲斐のある職業を持つ人にも、アルバイターとして定職を持たない人にも、気がついたら三十すぎて不本意な独身だったというのはよくある。
パターンであり、そういう女性像は今さら目新しくも何ともない。
著者は結婚しているかしていないかというモチーフでしか女たちの生き方をとらえていないが、生き方というのはもっともっと多様なものではないだろうか。
結婚という形態をとらないために、自由で面白い生き方をしている人だっているし、結婚したことによって寵の鳥のような味気のない生活を送っている人だっている。
ここで出会った素敵な結婚相手との幸せな生活でも夫婦間で問題が発生したときの為に覚えておきましょう。
著者は三十過ぎた女が外国に留学するのを、まるで結婚という夢に破れ、尾羽打ち枯らして逃げていく女のようにとらえているが、三十過ぎの独身男が、
「何かをつかみたい」といって会社を辞め、新天地に羽ばたくときも、同じような感想を持つのだろうか。
30歳過ぎても独身ですか?自分で気付いているかどうか知らないが、「クロワッサン症候群」の著者は初めから女性を反動的な立場から見ているように思われる。
女性で、独身でバリバリ仕事をしている著名なライターというと、何だか「女性の味方」「独身の星」のようにたのもしく思えるが、
その根本的なところはまだまだ保守的な男性至上主義に毒されており、そこから自由ではない。

出典:結婚相談所 比較

経済の一部としての家族の機能

DY028_L

つぎに、家族の経済的機能を労働力再生産にあるとする考え方について、みてゆくことにしましょう。
この考えは、家計における支出を、まえの非生産的消費としてでなく、むしろ生産的消費としてとらえようとする見方に通じます。
これをいいかえれば、工場が商品を生産する場であるなら、家庭はその工場に供給する労働力を生産する場である、ということになります。
労働力再生産というとき、そこではだいたい二つの過程が予想されています。
ひとつは、人間の生産つまりこどもを生み育てることであり、
もうひとつは、工場で商品を生産するときに消費された労働力の再生産、つまり労働エネルギーを補充する過程です。
第一の点についていえば、たしかに、結婚にともなう出産・育児は、結果的に労働力を供給する機能をはたしていることになりましょう。
しかし、現代結鰕と出産との関係や、生殖のメカニズムのところで明らかにしたように、現代家族法は、育児はとにかく、出産を法制化してもいなければ、
産業への労働力供給について考慮しているわけでもなく、したがって、附産は全く個人の自由にまかされ、実際上まったく窓意的になされているのが現状です。
人間として、ここで、結婚相手を探してください。
こどもを生もうとする動機が《各人各様であっても、そのほとんどが個人的ないし家族的なものでしかなく、広く社会経済的視野にたって、
労働力を生産することを考える人間がはたしてどれほど存在するか、はなはだ疑問としなければなりますまい。
こうした考えは、かつての、結婚そのものさえ労働力補充の手段として考えられ、こどもを生むことはもちろん、
労働力の地加として以外に考えられなかった時代、つまり結僻が家族経済や社会経済における生産機櫛と密接に結びついていた時代には通用しても、
現代の結婚にはそのまま通用しないことに気づいていない考えだ、ということになります。

参考:安心 出会系

車やフィギュアにこだわるオトコの心理

DY041_L

なぜって、「他人に触られたくない、踏み込んで欲しくない、知られたくない」という気持ちが人一倍、強いわけだから。
何か別に隠したいことが出てきた場合、その「聖域」を隠れミノにされることが出てくるってことだ。
「この部屋には、絶対に入るな!」と言っておけば、自分の宝物と一緒に、たとえば浮気の証拠なんかも隠しておけるわけだからね。
オトコにとって、ものすごく都合がいいんだよ。レなんか、車でも家でも、誰かに入られちゃ困る場所なんかないよ。
そういう意味でも、「オトコの聖域」を作って他人を入れたがらないオトコは、決してイイ男とは呼べないね。
気になるオトコがいたら、極端にこだわる趣味がないか、事前にチェックしておくといいかもしれない。
パートナーをここで探すときに、見誤らないように気を付けましょう。
家計での支出が、収入をともなってはじめて可能となることはいうまでもありませんが、この点でも、現代産業社会は似たような方向にむかっているようです。
賃金にふくまれている家族手当は、しだいに廃止される傾向にあり、家庭を前提としての生活給的賃金体系は、
急速に職階級的体系にとってかわられようとしています。家族制度を維持する役割をはたすために、所得税における家族控除を考慮せざるをえぬ政府だけが、
わずかにこの傾向に抵抗している唯一のものといえるかもしれません。現代の結婚、そして家族について考えるとき、
世滞がいまなお重要な消費単位として存在していることを忘れることはできません。
しかし、同時に、個人を単位として構成されている現代社会が、消費経済面においても、その単位を世帯から個人へと移行させるすう勢にあることも、
現代の結婚をめぐる重要な問題として、見のがすことは許されないのです。

参考:出会い系 サクラいない

モノへの執着

DY027_L

甘い蜜だけいただこうとするダメ男の、かっこうの標的になることもあり得るんだから。
モノにこだわりすぎるオトコは、隠し事が多い

オトコとオンナの場合、どちらがこだわり屋か?と聞かれたら、間違いなくオトコのほうだろうね。
オトコは子どもの頃から、ミニカーやプラモデルを集めまくったり、昆虫採集でいろんな虫を捕まえては標本にしたり、
そうやって「自分が好きでこだわっているモノを集めたい」という欲求が、オンナよりも強いんだと思う。大人になってからは、その収集欲みたいなものが、
あるオトコは車になったり、ブランドものの時計や洋服になったり、フィギュアになったり、アニメ本になったりするんだと思うよ。
趣味などが合うパートナー探しならここから探しましょう。
確かに、そうやって「オトコの世界」とか「オトコの聖域」みたいな、ある種、自分のなわばりを作るオトコは多い。
それがエスカレートすると、極端な「モノへの執着」になるんだろうけど。オレの場合は、昔、フェラーリを乗っていた頃、
助手席にオンナを乗せることはなかったけれど、運転したいというなら別に「どうぞ」って感じだった。
車好き、とくにフエラーリ愛好家に言わせると、「助手席ならともかく、他の誰かに運転させるなんて信じられない!」と言われるけど、
オレ自身はそのことについて、自分の聖域に入ってこられたみたいな感覚はなかったから。
だから、モノにこだわりすぎたり、自分だけの聖域を守ろうとする意識の強いオトコは、言い換えれば、隠し事をされる可能性が高いと思うよ。

出典:結婚相談所 選び方

男女の感じ方の違い

028

別れた時点でいったん「ゼロ」になってるから、再会したときはまた一からやり直せるんだろう。
でも、オトコ側からしたら、昔の恋愛って「花火と一緒」なんですよ。一度、燃えた花火って、もう一度、火がつきそうな気がする。
でも、燃え尽きたことには変わりがない。絶対に、火はつかないんです。恋愛も同じ。たとえ復活したとしても、最初に盛り上がったとき以上には盛り上がらない。
言葉は悪いけど、「一種の妥協」がないと、続かないと思うよ。これは恋愛に限らず言えることだけど、人には「旬」というものがある。
よく「今が旬」とか言うでしよ。基本的には「旬」ってものは2度ないから「旬」って言うんだよね。男女の関係にも「旬」はある。
「旬」の時期に盛り上がって終わった関係は、たとえ復活しても同じようには燃え上がらないってことさ。
恋愛と結婚は違うところが多いですので、ここで出会った素敵なパートナーをよく見極めましょう。
これから先、キミも、別れたカレと復活することがあるかもしれない。もしかしたら今、前のカレとヨリを戻そうかどうか、悩んでいる最中かもしれない。
でも、男女の感じ方の違いは、頭に入れておいたほうがいい。中には「次の相手探しのつなぎ」として、上手に元カノを利用する悪いオトコもいる。
別れたオトコから突然、「最近、どうしてる?キミのこと思い出したら無性に会いたくなってさ」なんて連絡をよこしてきたら、要注意だ。
内心は「オンナにご無沙汰で飢えてるから、昔の彼女に甘えちゃえ」なんて思っているかもしれない。
それくらい「復活愛」には、注意が必要ってことだ。

出典: