モノへの執着

甘い蜜だけいただこうとするダメ男の、かっこうの標的になることもあり得るんだから。
モノにこだわりすぎるオトコは、隠し事が多い

オトコとオンナの場合、どちらがこだわり屋か?と聞かれたら、間違いなくオトコのほうだろうね。
オトコは子どもの頃から、ミニカーやプラモデルを集めまくったり、昆虫採集でいろんな虫を捕まえては標本にしたり、
そうやって「自分が好きでこだわっているモノを集めたい」という欲求が、オンナよりも強いんだと思う。大人になってからは、その収集欲みたいなものが、
あるオトコは車になったり、ブランドものの時計や洋服になったり、フィギュアになったり、アニメ本になったりするんだと思うよ。
趣味などが合うパートナー探しならここから探しましょう。
確かに、そうやって「オトコの世界」とか「オトコの聖域」みたいな、ある種、自分のなわばりを作るオトコは多い。
それがエスカレートすると、極端な「モノへの執着」になるんだろうけど。オレの場合は、昔、フェラーリを乗っていた頃、
助手席にオンナを乗せることはなかったけれど、運転したいというなら別に「どうぞ」って感じだった。
車好き、とくにフエラーリ愛好家に言わせると、「助手席ならともかく、他の誰かに運転させるなんて信じられない!」と言われるけど、
オレ自身はそのことについて、自分の聖域に入ってこられたみたいな感覚はなかったから。
だから、モノにこだわりすぎたり、自分だけの聖域を守ろうとする意識の強いオトコは、言い換えれば、隠し事をされる可能性が高いと思うよ。

出典:結婚相談所 選び方