車やフィギュアにこだわるオトコの心理

なぜって、「他人に触られたくない、踏み込んで欲しくない、知られたくない」という気持ちが人一倍、強いわけだから。
何か別に隠したいことが出てきた場合、その「聖域」を隠れミノにされることが出てくるってことだ。
「この部屋には、絶対に入るな!」と言っておけば、自分の宝物と一緒に、たとえば浮気の証拠なんかも隠しておけるわけだからね。
オトコにとって、ものすごく都合がいいんだよ。レなんか、車でも家でも、誰かに入られちゃ困る場所なんかないよ。
そういう意味でも、「オトコの聖域」を作って他人を入れたがらないオトコは、決してイイ男とは呼べないね。
気になるオトコがいたら、極端にこだわる趣味がないか、事前にチェックしておくといいかもしれない。
パートナーをここで探すときに、見誤らないように気を付けましょう。
家計での支出が、収入をともなってはじめて可能となることはいうまでもありませんが、この点でも、現代産業社会は似たような方向にむかっているようです。
賃金にふくまれている家族手当は、しだいに廃止される傾向にあり、家庭を前提としての生活給的賃金体系は、
急速に職階級的体系にとってかわられようとしています。家族制度を維持する役割をはたすために、所得税における家族控除を考慮せざるをえぬ政府だけが、
わずかにこの傾向に抵抗している唯一のものといえるかもしれません。現代の結婚、そして家族について考えるとき、
世滞がいまなお重要な消費単位として存在していることを忘れることはできません。
しかし、同時に、個人を単位として構成されている現代社会が、消費経済面においても、その単位を世帯から個人へと移行させるすう勢にあることも、
現代の結婚をめぐる重要な問題として、見のがすことは許されないのです。

参考:出会い系 サクラいない