30歳過ぎても独身の女性

意識的に選んだわけではないが、結果的に三十歳すぎても独身で働き続けているという女性は、いつの時代にもたくさんいた。
素晴らしいやり甲斐のある職業を持つ人にも、アルバイターとして定職を持たない人にも、気がついたら三十すぎて不本意な独身だったというのはよくある。
パターンであり、そういう女性像は今さら目新しくも何ともない。
著者は結婚しているかしていないかというモチーフでしか女たちの生き方をとらえていないが、生き方というのはもっともっと多様なものではないだろうか。
結婚という形態をとらないために、自由で面白い生き方をしている人だっているし、結婚したことによって寵の鳥のような味気のない生活を送っている人だっている。
ここで出会った素敵な結婚相手との幸せな生活でも夫婦間で問題が発生したときの為に覚えておきましょう。
著者は三十過ぎた女が外国に留学するのを、まるで結婚という夢に破れ、尾羽打ち枯らして逃げていく女のようにとらえているが、三十過ぎの独身男が、
「何かをつかみたい」といって会社を辞め、新天地に羽ばたくときも、同じような感想を持つのだろうか。
30歳過ぎても独身ですか?自分で気付いているかどうか知らないが、「クロワッサン症候群」の著者は初めから女性を反動的な立場から見ているように思われる。
女性で、独身でバリバリ仕事をしている著名なライターというと、何だか「女性の味方」「独身の星」のようにたのもしく思えるが、
その根本的なところはまだまだ保守的な男性至上主義に毒されており、そこから自由ではない。

出典:結婚相談所 比較